前へ
次へ

営業求人で転職組みを採用するコツ

営業は会社の売り上げを左右する重要なポジションですから、即戦力となるような人材が欲しいのはどこの会社も同じです。
しかし同業他社から来るという確率はそんなに高くないのが現状です。
面接を希望してくるのは異業種で営業をしていた人や、営業経験がない人物です。
こういった人を採用する場合には、面接官の力量が問われる事になります。
面接の際には成功した場合や失敗した際にどうだったか聞いてみるのもいい方法です。
成功がどのような経緯だったか、失敗した場合はどんな対処をしたかで物事の取り組み方や性格を知る事が出来ます。
自社に合う人材か見極める力が面接官には必要になります。
転職組みは、営業求人において特に即戦力採用を求めていることも多いです。
未経験者を求人で採用するのと当然のように見方が変わってくるので、厳しい目で確認する必要があります。
転職組みの営業求人で人選に悩む事が起きた場合は、適正検査で採用のフォローをするのもいい方法です。

Page Top